オーリスタットとキャベツを取り入れた食生活で痩せる

ダイエット中は食生活を変えるのが主流です。しかしカロリーを減らすことだけを考えると、ストレスが溜まったり栄養不足になったりして反対に痩せにくくなることがあります。オーリスタットは肥満治療薬に含まれる成分で、ダイエット中のカロリーに関する問題を解決してくれます。オーリスタットを服用すると、食事で摂取した脂肪分の30%が、体内で吸収されないで便と一緒に排泄されます。よってオーリスタットを服用すれば、著しく食生活を変える必要がありません。アメリカのFDAではすでに承認されており、世界的に有名な肥満治療の成分です。日本ではオーリスタットはまだ認可されていないので、取り扱っている病院の処方や個人輸入によって手に入ります。次に、いつもの食生活にキャベツを入れるとさらにダイエットがスムーズに進みます。方法は、食事の前にキャベツを食べるだけです。これによって、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐ効果があります。丸ごと食べてもおよそ230キロカロリーなので、キャベツを好きなだけ食べられます。ポイントは良く噛むことです。サラダに使われるレタスやきゅうりは、噛む回数があまり増えないので不向きです。また人参や大根などは噛みごたえがあっても、少量で満腹感を得られる可能性が低いです。一方キャベツは葉に硬さがあるので、噛む回数が格段に増えて食物繊維を含むので満腹になりやすいです。キャベツは他の野菜と比べて1年中店頭に並んでおり、価格もリーズナブルなので経済的負担もありません。さらに痩せるだけでなく、美肌になる栄養素も含んでいます。キャベツを4枚食べると1日に必要なビタミンCを摂取することができ、骨を丈夫にするビタミンKも豊富です。

トップページへ